Skip to main content

AIを使って、ブランドに沿った商品画像を作るには?

 

人工知能(AI)を日々の業務へ取り込むことは、ますます一般的になりつつあります。 さまざまな業界のブランドがAIを活用して業務プロセスを合理化し、効率を高めています。 その一方で、よく聞かれる質問があります。AIが生成したアウトプットを差別化し、独自のブランド・アイデンティティを維持するにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、AI フォトグラファーを活用し、商品写真を一貫して生成する方法を探ります!

ステップ1:商品画像をアップロードする

AIの商品写真生成は、プラットフォーム上に商品画像をアップロードすることから始まります。アップロードする画像は、AIが作業するための基礎となる画像であるため、鮮明で高解像度であることを確認してください。

ステップ2:他の商品画像からインスピレーションを得る

出力のカスタマイズに移る前に、他の商品画像からインスピレーションを得る時間を取りましょう。 貴社の過去キャンペーンや、ブランドの美学に共鳴する他のブランドの写真でも構いません。 それらを基に、AIが生成する画像の方向性を導くことができます。

商品画像のインスピレーションを得るために、いくつかのWebサイトをご紹介します。

ステップ3:プロンプトの入力と参考画像のアップロード

次のステップでは、スタジオグローバルのAI フォトグラファーにプロンプトを入力し、参考画像をアップロードします。 プロンプトは、どのような背景画像を目指しているのか、テキストによるガイダンスを提供し、参考画像は、望ましい美的感覚について視覚的な手がかりを提供します。

すでにベースとなる商品画像とプロンプトがあるのに、なぜ参考画像が必要なのか不思議に思うかもしれません。 参考画像は、最終的なアウトプットの全体的な色調と質感を決定するのです!

この点について、同じプロンプトを使いながら異なる参考画像を使う例をいくつか見てみましょう。

以後、すべての事例では、以下のプロンプトを使用しています。

砂の上, サボテンの隣, 背景に砂漠と空

同じプロンプトに基づいて生成されたにもかかわらず、参考画像を活用した全体的なルック&フィールは大きく異なっています! これは、生成されたすべての画像に一貫性を持たせるための参考画像が、いかに大きな影響を与えているかを証明しています。

今すぐお試しください!

AIの挙動がわかったところで、実際にこれらのステップを試してみましょう! 貴社のブランドの美学を最も表現できるものが見つかるまで、プロンプトと参考画像の組み合わせをいろいろ試してみてください。

これらの素晴らしい画像を是非スタジオグローバルに共有してください! 弊社のAIフォトグラファーが、貴社のようなブランドによってクリエイティブに活用されるのを見るのが何よりの喜びです!

今すぐ無料ではじめる

あなたのコンテンツを次のレベルへ引き上げましょう!