Skip to main content

「AI写真をビジネスに活用できるのか?」

 

デジタル時代は、企業が成長し、革新するための多くの新しくエキサイティングな機会をもたらしました。 その1つが人工知能(AI)の領域です。 「AI写真をビジネスに活用できないか」と疑問に思ったことがあるのは、あなただけではありません。 AIの力をビジネスに活用したいと意気込んでいるユーザー様から、多くのお問い合わせをいただいています。

本日は、AIが生成した写真の商用利用に関して知っておく必要のあるすべての重要な詳細を、この文脈で著作権がどのように果たすかを含めて明らかにします。

AI生成画像とは?

AIが生成した画像は、人間のアーティストや写真家ではなく、アルゴリズムによって作成された視覚的表現です。 これらのアルゴリズムは、何百万もの画像を含む大規模なデータセットでトレーニングし、トレーニング データ内の画像と類似しているが同一ではない新しい画像を生成できます。 このプロセスには、通常、敵対的生成ネットワーク(GAN)などの機械学習技術が含まれます。

AIツールはどのように画像を生成するのですか?

現在、高度な機械学習アルゴリズムを利用して高品質の画像を生成するさまざまなツールが利用可能です。 そのような例としては、MidjourneyとStudio Globalの2つがあります。 複雑なアルゴリズムと大規模なデータセットを利用して、特定のプロンプトや基準に基づいて画像を生成します。 製品写真の背景を作成する場合でも、まったく新しいビジュアルをゼロから生成する場合でも、これらのツールを使用するとそれが可能になります。

AI画像を商用利用することはできますか?

2023年9月現在、答えはイエスです。 ただし、注意すべき点がいくつかあります。 商用利用に関する主な関心事は、通常、著作権の問題を中心に展開します。 従来の著作権法では人間の作成者に著作権保護を義務付けているため、AIが作成した画像の多くは法的問題なしに商業的に使用できます。

例:Studio Global AI Photographerが作成したAI製品写真

ただし、トレーニングプロセス中に著作権者から許可を得ずに特定のデータが収集された場合、複雑な問題が発生する可能性があります。 そのため、生成AIツールが商用利用が可能かどうかを確認し、AI学習に用いるデータソースに関する情報を提供できるかどうかをさらに検証することが重要です。

さらに、これらのサービスを提供する特定のプラットフォームには、著作権を明示的に主張していなくても、作成されたすべてのコンテンツの所有権を指定する契約条件がある場合や、商用利用権の支払いを要求する場合があることに注意することが重要です。

商用利用に関する法的側面

人工知能(AI)を活用したクリエイティブ作品の世界的な需要が高まる中、AIコンテンツに関する法整備に向けた動きが進んでいますが、まだ十分に確立されていません。 現在、世界中でAI生成コンテンツの商用利用権に対処する特定の法律はありません。 しかし、この分野の急速な進化を考えると、法的枠組みはわずか数年で大きく変化する可能性があります。

米国では、連邦裁判所が、AIが作成したアートワークは著作権で保護されないという米国著作権局の立場を支持しています。 2023年8月、連邦裁判所は、著作権法は人間にのみ適用されることを根拠に、AIが生成したアートワークを著作権で保護できないと判断しました。

同様に、香港と韓国では、現在の規制では、人間の著作者が作成した作品や、人間が直接関与せずに作成されたコンピュータで生成された作品に保護が認められています。 現在、AIは著作権を所有する能力を持っていません。

この概念を理解するのに苦労している人のために、「豚の芸術家、ピカッソ」や「象の芸術家」などの比較可能な例を使用して説明しましょう。 現在、ブタやゾウなどの動物アーティストが制作した作品は、著作権法の対象外です。 この背後にある理論的根拠は、著作権が人間の考えや感情を伝える創造的な作品にのみ関係するという事実にあります。 これらの動物は人間ではないため、著作権保護の基準を満たしていません。 同様に、人工知能によって生成されたすべての創造物は、同様の方法で見なすことができます。

したがって、AI画像を作成して商用目的で使用することは可能ですが、これらのAI作品は著作権で保護されません。

倫理的配慮

新しいテクノロジーの採用と同様に、潜在的なメリットとともに倫理的な影響を考慮することが重要です。 AIが生成した画像を商業的に使用する場合、企業が人間が作成したコンテンツではなく、AIが生成した画像を使用していることを開示することが重要です。 これにより、顧客との信頼関係を維持し、誤解を招く表現を避けることができます。

職場でのAI画像に関する実例

多くの企業は、すでに AI が生成した画像の使用実験を開始しています。

その代表的な例が、コカ・コーラの革新的なマーケティングキャンペーンで、AIを使って魅力的な広告動画を作成し、魅力的なマーケティングキャンペーン「Create Real Magic」を実施しました。 これにより、消費者自身がコカ・コーラのブランド要素を利用して、独自のAI画像を生成することができました。

また、アジアでは、サムスン生命保険が生成AIのみで制作した広告を公開しています。

ジェネレーティブAIを業務に取り入れるアジャイル企業の増加に伴い、AIコンテンツの商用利用の増加が予想されます。

進化する法律について常に情報を入手し、倫理的影響を慎重に検討することで、企業は潜在的なリスクを最小限に抑えながら、この強力なテクノロジーを効果的に活用できます。

今すぐ無料で始める