Skip to main content

ECサイトのクリック率(CTR)を上げるにはどうしたらよいでしょうか?

 

賑やかなEコマースの世界では、商品画像は店舗のウィンドウディスプレイに相当します。 潜在顧客との最初の接点となり、顧客の関心を引く重要な役割を果たします。

商品画像の重要性については耳にしたことがあるかもしれませんが、具体的にどのような役割を果たし、どのように最適化すればより良い結果が得られるのか、疑問に思ったことはありませんか?

この記事では、商品画像を活用することで、どのようにECサイトのクリック率を高めることができるかをご紹介します。

なぜ商品画像が重要なのか?

商品画像は、あなたが思っている以上に重要な役割を持っています。 単なる静的なビジュアルではなく、ECサイトの成功に大きく貢献する複数の役割を担っているのです。

 

1. クリック率の向上

閲覧から購入までの過程は、1回のクリックから始まります。 商品画像は、多くの場合、消費者があなたのブランドと最初に接するものです。そのため、消費者がクリックし、さらに探求したくなるような魅力的な画像である必要があります。

2. 基本的な商品ビジュアル情報を伝える

オンラインショッピングの場合、消費者は実際に商品に触れたり、確認することができません。 高品質な画像は、販売する商品に関する重要な視覚的情報を提供し、顧客が十分な情報を得た上で意思決定できるようサポートします。

例:allbirds.comの詳細な商品説明

3. ブランド・アイデンティティを表現

商品画像は、ブランド・アイデンティティを宣伝する役割も果たします。 商品画像のビジュアルを通じて、ブランドの理念、スタイル、価値観を伝えることができ、競合他社との差別化に役立ちます。

例:ブランド・アイデンティティを明確に示すバルミューダの商品画像

クリック率(CTR)を高めるEC商品画像を作成する5つの方法

商品画像がなぜ重要なのかをご理解いただいたところで、最大限の効果を得るための最適化について考えてみましょう。

1. 高解像度

画素数の少ない写真やぼやけた写真では、今日のビジュアル重視のマーケットでは通用しません! 高解像度の写真はプロ意識と品質保証を伝え、顧客に信頼を与えます。

例:商品画像 1024 x 1024px VS 256 x 256px

各プラットフォームが特定の商品画像サイズを推奨している場合は、それに合わせた商品画像を準備し、アップロードしてください。 推奨画像サイズがない場合は、幅と高さが最低600pxの商品画像の使用を推奨しています。 500px以下の画像は、表示された際にぼやけて見えたり、画質が低下する可能性があります。

2. 背景と照明

人目を引く背景や照明の効いた写真を使用する際は、商品の特徴を邪魔することなく際立たせます。 本来背景は、脚光を浴びることなく、製品の特徴を引き立て、強調するものでなければならないため、 視覚的に魅力的でありながら、メインテーマから注意を奪うほど目立たず、気が散らないものでなければなりません。

さらに、背景はストーリーやムードを伝えるためにクリエイティブな使い方をされることもあります。 例えば、アウトドアのキャンプ用品を販売しているのであれば、穏やかな森や風光明媚な山々を背景に描くことで、冒険心やワクワク感を呼び起こすことができます。

🔔 ちょっと待ってください! 何もない/白背景だけの商品画像を使っていませんか? スタジオグローバルのAIフォトグラファー機能を使ってみてください。 商品画像をアップロードし、テーマの選択やプロンプトの入力をすることで、高品質な背景を伴う商品画像を無制限に生成できます。

3. 製品の特徴を強調する

商品の重要な特徴や利点を効果的にアピールする写真を撮りましょう。 これは、クローズアップ写真を撮ったり、特定の要素にズームインすることで実現できます。

また、上の例のように、ベリーが入った飲み物をベリーの隣に置いたり、水をテーマにした背景でウォータークッションを紹介するなど、背景をクリエイティブに使うこともできます。

商品のユニークな特徴を反映した小道具を取り入れたり、その商品の外観を引き立たせる背景で写真を作ることで、商品の特徴をより際立たせることができます。 商品画像が小さく表示されていても、その商品特有のセールスポイントが視覚的にすぐに伝わります!

4. さまざまなアングルと視点

商品をさまざまな角度から見せることで、顧客は購入する商品を総合的に理解することができます! フロントビュー、サイドビュー、バックビュー、トップダウンビューなど、どんなアングルからも商品を紹介できるようにしましょう! さらに、ライフスタイル・ショット(実際の生活シーンで製品が使用されている画像)の使用も検討しましょう。 そうすることで、バイヤーはそのアイテムが自分の生活にどのようにフィットするかをイメージしやすくなり、購入する可能性が高まります。

5. ブランドの一貫性を保つ

すべての写真は、ブランドのアイデンティティを反映する一貫したスタイルガイドに従って撮影しましょう。これには、色、使用するフィルター(もしあれば)、撮影アングルなどの一貫性が含まれます。

これらのヒントをECの商品画像作成に取り入れることで、クリック率が上がるだけでなく、コンバージョン率も上がる可能性があります! 質の高いビジュアルは、長い目で見れば投資であることを憶えておいてください。

商品画像の背景をいろいろ試してみたい方は、スタジオグローバルのAIフォトグラファーをお試しください! ご希望の背景のキーワードを入力するだけで、瞬時に商品画像が生成されます。 今すぐ無料トライアルより、その実力をご確認ください!

👀 スタジオグローバルAIが生成したAI商品画像は、こちらからご覧ください。

今すぐ無料ではじめる